マイナンバー対策について

誰もが“マイナンバー”というワードを耳にしたことがあるでしょう。中には「このマイナンバーがきっかけとなってホテヘルのアルバイトがバレてしまうのではないか」と考える女性もいることでしょう。このマイナンバーとは行政が個人情報を管理するために行っているものですので、マイナンバーがきっかけとなって家族にバレることはありません。

マイナンバーにおいて注意したいポイントは、雇用契約があるかどうかということでしょう。社員やアルバイトとして働く場合その企業と雇用関係を結ばなければなりませんが、これによってホテヘル勤務の履歴がバレることがあるのです。

しかし、ホテヘルでは雇用関係を結んでいません。ホテヘル勤務はアルバイトというイメージがありますが、そのようなことでは無いのです。ホテヘル嬢とは個人事業主であることから、その立ち位置はフリーデザイナー、フリーカメラマン、フリーライターなどと同じ職業なのです。こういった個人事業主は業務委託という形で仕事をしているので、マイナンバーを申告する必要がありません。

そのため、中には本業に内緒でホテヘル勤務をしているダブルワーカーも、マイナンバーを申告していないので本業にバレることは無いのです。

モニター確認について

ホテヘルやデリヘルはお店にプレイルームがありませんので、ラブホテルでプレイを行います。しかし、ホテヘルとデリヘルの最も大きな違いは受付の有無でしょう。ホテヘルは受付がありますので、お客さんはそちらで女性を指名してプレイ料金を支払います。この受付があることでプライバシー対策が出来るのです。

ホテヘルの受付にはカメラが設置してあり、そちらの映像は待機部屋で確認が出来るのです。そのため、知り合いがお客さんとしてやって来た場合、モニターで確認してNGにすることが出来ます。顔を見て直接確認が出来るので、より確実に身バレを防ぐことが出来るのです。デリヘルは受付がありませんので、知り合いかどうか確認しづらくなってしまいます。中には「カメラがあることでお客さんから不審がられてしまうのではないか」と考える女性もいるでしょうが、これは防犯カメラの意味もありますのでお客さんにバレても問題ありません。

また、ホテヘルのお客さんはプレイ料金を支払った後、1人でラブホテルに移動をしてお店に電話をかけて女性を呼び出します。そのため、お店はお客さんの電話番号を管理することが出来るのです。そのため、そこで知り合いの電話番号だった場合、そこでNGにすることも出来ます。

プライバシー対策の行き届いた風俗求人

ホテヘルは未経験でも高収入が得られることから、始めようと考える女性は多いことでしょう。しかし、ホテヘルは性的なサービスを行うことから、周囲に知られたくありません。そのため、風俗求人に応募をするのであれば、プライバシー対策の整ったホテヘルを選びましょう。

特におすすめの方法は遠方のホテヘルを選ぶということです。近所のホテヘルはどうしても知り合いに会うリスクが高まってしまうので、身バレの危険性が高くなってしまいます。しかし、遠方であればその心配がありません。また、遠方のホテヘルでしたら帰りが面倒になってしまうので、送迎サービスのあるホテヘルをおすすめします。

そのほかのプライバシー対策として、アリバイ会社との提携があります。アリバイ会社はダミーの名刺を用意してくれるので、そちらには会社名だけでなく電話番号やメールアドレスが記載されています。そのため、パッと見ただけでは本物の企業に勤務しているように見せることが出来るのです。

さらに、ダミー名刺の電話番号に電話があったとしても、アリバイ会社のスタッフが「本人は不在です」と対応してくれるのです。さらに、メールアドレスにメールがあっても携帯電話に転送されるので問題ありません。もちろん、そのアドレスから送信することも可能です。

そのほかにホテヘルではさまざまなプライバシー対策を行っているので、代表的なものをこちらでご紹介いたします。プライバシーを守りながらしっかりと稼ぎましょう。